会員専用ページへ
トップページへ基本理念へ会長挨拶へ活動状況へキワ二スリンクへ
西宮キワ二スクラブロゴ

キワ二スドールの歴史     HISTORY OF KIWANIS DOLL

国際奉仕団体のキワ二スクラブの1つであるメルボルンのナナワディングキワ二スクラブで、
1988年にドールは初めて作られました。メルボルンからオーストラリア全域で広がり、
さらに1994年には北欧にも伝播しました。日本地区では2001年から取り組み始め、
現在では、全世界各地のキワ二スクラブでドールを製作して病院や施設へ寄贈するという
活動を行っています。

キワ二スドールと小児医療     KIWANIS DOLL AND PEDIATRIC CARE

●先生が診療と治療の説明に

お医者さんが患者の子どもに病気の症状を説明したり、
子どもの痛い所や不快な所を人形に描かせて、
診断の助けに使われたりします。
さらに、これから行おうとする治療について人形を
使ってわかりやすく説明します。
キワニスドールと医師

●子どもが治療を受ける前に

治療前に、看護師さんやお母さんが人形に
治療するのを子どもに見せると、子どもが
治療を受ける時に、恐怖が和らぎ、治療が
受けやすくなります。「お人形さんも注射
をしたね」とか「お人形さんも手術したよ」
とか言うと、子どもも頑張ろうという気に
なるようです。
キワニスドールと子供

●子どもが病室で

子どもたちは大好きな人の顔を描いていつも側に置き、退院時に持ち帰ります。特に2~4歳児
の幼児が親しんでいます。子どもたちは自分の人形に自由に絵を描き楽しい時間を過ごし、
入院中の子どもには大きな慰めになっています。

●その他

養護学校では子どもたちに体の仕組みを説明するのに使われています。

キワ二スドールお絵かき風景     DRAWING SCENERY

●キワ二スドールお絵かき風景

会員手作りのキワニスドールを紹介するイベントでの様子
会員手作りのキワニスドールを紹介するイベントでたくさんの子どもたちが楽しそうに
キワ二スドールに顔や洋服を描いてくれました。

キワ二スドール製作風景     MAKING PROCESS

●キワ二スドール製作風景

例会にてキワ二スドールを製作している時の様子
子どもたちの幸せを願って会員が1つ1つ手作りでキワ二スドールを作っています。

キワ二スドールの主な寄贈先     DONATION DESTINATION

基本理念

●キワ二スドールの主な寄贈先


・国立成育医療研究センター
・甲南女子大学看護リハビリテーション学部
・大阪市立総合医療センター 小児科

第40回年次総会西宮大会
活動方針・例会予定表
キワ二ス日本財団
キワ二ス・ワンデー
Facebookページ
西宮キワ二スクラブについて
リンク境界線
国際キワ二ス日本地区
Kiwanis International Foundation
チャイルド ケモ ハウス
キワ二スクラブについて | 基本理念 | 会長挨拶 | 活動方針・例会予定表 | 奉仕活動 | キワ二スドール | サテライトユース活動
年次総会 | キワ二ス・ワンデー | キワ二ス日本財団 | 国際キワ二ス日本地区 | 国際キワ二ス | キワ二スリンク | 会員ページ
キワ二スクラブロゴ
Copyright© 2015 Nishinomiya Kiwanis Club All rights reserved.